img_02

福祉車両のレンタルについて

高齢者がいたり病気や怪我などで足腰が不自由な人がいる場合に、普通の車だと乗り降りが困難です。


そんな場合には福祉車両が便利です。スロープなどが付いていて車椅子ごと乗り込むことができたり、身体障害者自身が運転できる作りになっているものもあります。
移動入浴車など自宅での入浴を可能とする装置を積んだ福祉車両もあります。病院への送り迎えなど日頃から身障者の人を車に乗せる機会があるなら自宅用の福祉車両も必要です。
普通の車を福祉用に改造してもよいでしょう。

利便性を重視したNAVERまとめの情報サイトが便利です。

ただ、いつもはデイサービスなど送迎車が迎えに来てくれるのであれば、どうしても必要なときだけレンタルするようにしましょう。


通常の車のレンタルと同じようにレンタル会社で予約すれば福祉車両も借りることはできます。
ただ、会社によって福祉車両の保有台数は異なります。使うときのために事前に家の周りのレンタル会社を調べておいたほうがよいでしょう。



車を購入するとすると高額の費用が発生しますし維持費も大変です。必要な場面も多いけれどわざわざ購入までは踏み切れないという場合にはリースするという方法もあります。

現時点で最高の福祉車両のレンタルがとても人気であることがわかります。

初期投資費用もかからず必要なときにすぐ使うことができて便利です。

必要となる頻度は各家庭ごとに異なります。

一般車に乗せるとなるとかなりの労力が必要となる以上、必要回数に応じて購入するなり、借りるなり検討するようにしましょう。

介助者の負担がかなり減らせるでしょう。